金箔について -金箔の知識-

金・プラチナの買取は、京都のブランドパークへ!

金・プラチナ買取
  • 金・プラチナ買取 >
  • TOP
【金箔の知識】


金箔はこのような薄くした金の紙のようなもので、金を薄く薄くしたのです。
金は柔らかい素材なので約0.1ミクロンまで薄くすことが可能です。

これが金箔と言われます。

金箔合金1グラムで約3300平方センチの金箔になりますので、仮に1ミリの幅で延ばし続けたとすると、
330メートル、0.1ミリの糸状に延ばしたとすると3.3キロメートになります→金糸



【金箔と純金箔の違い】
金箔は純金の箔で全て、金だと思っている方が多いのですが・・・
実際の金箔は色目によって合金配合が色々あり、銀と銅を合金したものが金箔。

「純金箔」「本金箔」と呼ばれる箔だけが、純の金箔となります。

安価な洋金箔など、大半は真鍮などでできています



【金閣寺の金箔について】
通常の金箔の厚みは約0.1ミクロン(1万分の1ミリ)ですが、京都の「金閣寺」に金箔が使われています。

金閣寺に貼られている金箔は、貼り替えをした時に以前より強度を増すために通常の金箔より5倍の厚みの金箔が使われています。

実際に使用した量は・・

10.8センチ四方の金箔約20万枚(約20キロの金)を使用

最近の貼り替えは・・

金閣寺の金箔張り替えは1986年2月から始まり、1987年9月10日に完成

総工費7億4千万




【食用金箔は食べても大丈夫なのか?】
お酒やお祝いの席で、見かける食用の金箔

金箔は着色料・食品添加物として厚生労働省から認可されています。

金箔は食べてもそのまま出てきます。胃液でも溶けず、吸収もされないのです。

金箔は体内では全く溶けたりしないのです。

歯科医療でも金、銀が使われるのはその為です。




金・プラチナ買取について | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x)

ページの最上部へ