2013年09月

金・プラチナの買取は、京都のブランドパークへ!

金・プラチナ買取
  • 金・プラチナ買取 >
  • TOP
宝石など付いている宝石・ジュエリー製品などに、鑑定書、鑑別書が付属している場合があります。


鑑定書・鑑別書があるから査定額がプラスされることはありません


鑑定書・鑑別書にお値段はなく、査定の基準になる程度です。
※但しダイヤモンドの鑑定書の場合はランク記載してあるので査定額UPの基準になります

↓鑑定書画像↓



↓鑑別書画像↓



この鑑定書・鑑別書ですが、誤解されている方が多いのですが、この証書がついているのは、実はどんな品質でも、発行できるものです。


それは高いか安いか・・・品質が良いか悪いかではなく、鉱物学的に検査して何の石か素材かを記載しているのがこの鑑定書・鑑別書になります。


但し、鑑定書はダイヤモンドに付属しますが、この鑑定書は、その石のランクが記載してあり、買取りの基準になるなるので、鑑定書で金額がUPするのではなく、そのダイヤがどのランクか判別できるので、査定額の基準がでやすく、通常よりお値段がUPすることがあります。


金・プラチナよくある質問 | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x)
貴金属の買取りは、ほとんどが素材としての相場買取りになります。

※石でもダイヤモンドや色石でも大粒の石にはお値段はつく場合があります

石の種類、透明度・・・鑑定書などにより査定が大きく変わります


ただ色石の場合は、小さなctではお値段がつかいな場合がほとんどです。

ついたとしても、期待するほどの査定額はつきません。
※購入したお店の値付けが高いなど・・売る時の金額とは違うので


それとデザインなど売れ筋な貴金属などの場合は多少、デザイン料として、通常より査定額UPになる場合があります。










金・プラチナよくある質問 | 12:31 PM | comments (x) | trackback (x)
ここ数年、古物商取得者が増加したことと、金高騰などの要因で、今では買取店を探すのは難しくありません。

普通の眼鏡屋やスーパーの中に買取り店があるようになりました。

但し、買取りといっても同じことをする「買取」=お客様のお品を金額を提示して査定する。

同じことですが、違うことが1つあります。

それは買取額はお店により様々です。


当社でも査定を金額を伝えると、お客様に「他店よりは高いですか?」聞くお客様が少なくありません。


これは買取りはもちろんブランドパークは高価買取ですが・・・


非常に困る質問です。


当店は低くはありませんが、状況などにより当店より高い店もあります。


当社より低いお店も沢山あります。


それは100%ではないのです。理由は他社の相場や状況を知らないことが沢山あるからです。


また買取相場は高くても、いざお店に来店して売る時には「手数料」として差し引くお店もあり、結局違うお店の方が高かった場合なども、あるお話です。


ですから、実際に足を運んで査定をしてもらう必要があります。

※査定、鑑定のみの場合は料金が必要なお店もあります(ブランドパークは無料です


なので、色んな要因から一番買取が高いかという質問は難しい答えとなります。

売る時には1円でも高く!大事ですが、そこに拘り過ぎて時間や交通費などかけて割が合うかなども考えなくてはいけません。

以上のように質問で「買取り額は高いですか??」

これは不透明な部分が多いのも実情です。

ある程度「重さ」「素材」を把握して、お店に今日の取引相場などお聞きするのも一つの方法と思います。




金・プラチナよくある質問 | 03:12 PM | comments (x) | trackback (x)
貴金属類には偽物が沢山あります。

それは似せただけのイミテーションから悪質な詐欺目的で鑑定でも比重計でただの金属でも金プラチナと同じ比重値が出るるように作られた精巧でなおかつ悪質な偽物など・・・

中にはネックレスや指輪の刻印だけ「K18」など刻印がされた物(これは犯罪です)

また、ネックレスなどのチェーン部分がメッキ素材や何らかの金属製品でできて、刻印されている部品やプレートだけ(ネックレスなどは一番両端)K18など本当の金製品を使ったり・・

刻印の部分だけ本当の金を使用した悪質なお品など沢山の依頼があります。

中には買取りしてから溶かした時に初めて分かる悪質なものまで・・・

金プラチナなど高額な物ほど、偽物の場合は被害も大きくなりますから売買時には注意して査定します。



①刻印で見分ける
物には特有の単位当たりの重さがあり、ほとんどの偽物はこれで区別できます。

手に取ったときの重さの感触などは個人の見解によりあてになりません。

普通は信用できるブランドの物を確かめます。
例えば、金プラチナのインゴットバーなどは販売元のブランドマーク、地金の重量、地金の純度を表す品質表示、精練分析者マーク、製造番号など確認します
!悪質な偽物は似せて作ってある場合があります

装飾品にはK18などの金製品としての刻印があるものですが、K18GPなどのようにメッキの表示がしてあるものがあります。

金メッキを表す刻印にはGEP、HGP、GR、RGP、GFなどがあります。



②比重で見分ける
査定で見分ける条件として・・・

本物を見慣れている、触り慣れているということも必要な条件です。

金の重さや感覚、しっとりひやっとした温感、金属ごとの特有の輝き方などを覚えこむことが純度の見分け、手に取っ時の直感なども必要な経験です。

金属の種類が違えば微妙に色合いや光り方が変化します。だんだん慣れてくると、

また経験などの直感ではなく正確な判断基準として

比重計があります。

比重は同じ体積の水に比べて何倍重いかということを計測する秤です。

重さを量って、水の中での重さを引いて体積を求め、何の素材かの比重値を出すので正確ですが、
中にはできないお品などもあります。

軽すぎる場合、中が空洞デザインや石など装飾がついているなど・・

買取しているお店には、ほとんどあるので専門店へ持っていくといいでしょう。


③薬品で化学的方法で見分ける
化学薬品の硝酸の反応での鑑定方法や試金石での鑑定法などもよく使われます。

硝酸は金属に反応する薬品なので、金プラチナなどは金属でないため反応しません。但しK10など金に他金属などを交えた合金の場合、少なくても他金属が混じる為、反応は少しでますが、これも経験から硝酸で金属が溶けた反応や色などをみて、鑑定します。
※メッキの場合は硝酸がメッキ素材を酸化させて緑色に反応します

また簡単に磁石を使ってメッキ反応があるかを確認したりすることも大事です。


金・プラチナ買取について | 10:10 AM | comments (x) | trackback (x)
もちろんできます。

金プラチナ、貴金属の出張査定は量、距離などお関係なく買取りしております。

※但し当店の基準でお断りする場合もあります

出張査定の場合は、金プラチナなどで刻印がない場合、鑑定する比重計などの持ち運びができないので、査定ができない場合があります。

※刻印不明の場合、何の素材か判別できない場合

出張査定は当店は無料でしており、査定額も納得できない場合はお売りされなくても大丈夫です。

金・プラチナよくある質問 | 10:49 AM | comments (x) | trackback (x)

ページの最上部へ